熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

レンプクソウ科
Adoxaceae
ソクズ
Sambucus chinensis Lindl.
別名
クサニワトコ
ソクズ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ソクズ
  • ソクズ
英名
Chinese elder
中国名
接骨草
花期
7~10月
生薬名
蒴藋(サクチョウ)
薬用部位

全草

成分

トリテルペン(ursolic acid, stigmasterol),フラボノイド(quercetin, luteolin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ソクズ 化学構造式1
  • ソクズ 化学構造式2
  • ソクズ 化学構造式3
産地と分布

本州から九州,および中国に分布し,山野に生え群落を作る.

植物解説

多年草.草丈1.5 m.根茎を引いて繁殖する.茎は太く直立し,緑褐色.葉は奇数羽状複葉で小葉は5~7対,広披針形か広卵形,先端がとがる.茎の先に散房花序を作り白色,小形の花を密に付ける.

薬効と用途

利尿作用があり,むくみに用いる.リウマチ,神経痛,打撲,冷え症には浴湯料として用いる.ヘルペスには生の汁を外用する.