熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ブナ科
Fagaceae
シラカシ
Quercus myrsinifolia Blume
別名
クロカシ
シラカシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • シラカシ
  • シラカシ
英名
bamboo-leaf oak, Chinese evergreen oak, Chinese ring-cupped oak
中国名
小葉青岡
花期
4月
生薬名
①櫧子(ショシ),②櫧皮(ショヒ),③櫧葉(ショヨウ)
薬用部位

①種子,②樹皮,③葉

成分

葉にフラボノイド(quercetin, kaempferol),フェノール誘導体(pyrogallol, gallic acid)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • シラカシ 化学構造式1
  • シラカシ 化学構造式2
  • シラカシ 化学構造式3
産地と分布

本州福島県以南,四国,九州,および中国中南部,済州島に分布し,暖地の山地の疎林などに生える.

植物解説

常緑高木.樹高20 mに達する.幹は直立して分枝し,枝は暗紫褐色.樹皮は灰黒色で新枝は平滑.葉はまばらに互生し,有柄で長楕円状披針形か披針形.長さ5~12 cm,漸長鋭尖頭で上半部は鋸歯縁.雌雄同種で気褐色の雄花を多数前年枝の葉腋の尾状花序に付け,雌花は新枝に腋生する.

薬効と用途

種子,樹皮,葉のいずれも民間的に胆石症,腎石症に用いる.
よく似たウラジロガシと異なり,葉の裏は白粉色にならず,葉の縁が波打たない.時に人家などに植栽される.