熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヤシ科
Arecaceae
シュロ
Trachycarpus fortunei (Hook.) H.Wendl.
別名
ワジュロ
シュロ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • シュロ
英名
Chinese windmill palm, windmill palm, Chusan palm
中国名
棕櫚
花期
4~5月
生薬名
①棕櫚葉(シュロヨウ),②棕櫚実(シュロジツ)
薬用部位

①葉,②果実,③花穂の新芽,④樹皮

成分

フラボノイド(lonicerin, cynaroside),サポニン(dioscin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • シュロ 化学構造式1
  • シュロ 化学構造式2
  • シュロ 化学構造式3
産地と分布

南九州,中国の原産であるが,現在では元々の野生は無く広く栽培される.

植物解説

常緑高木.樹高3~5 m.越年した暗褐色の繊維に覆われている.葉は茎の先に叢生し,傘のように開き長柄がある.葉の間から大きな円錐花序が下垂し,黄白色の小さな粒上の花が無数に開く.果実はゆがんだ球形.

薬効と用途

葉は灰にしたり,軽く焙じたりして脳出血,高血圧予防に用い,脳卒中の後遺症にはそれをお茶として飲む.果実は止血,止瀉作用がある.花穂の新芽は高血圧予防に用いる.皮はアルミ箔で包んで蒸し焼きにし黒焼きを作り,直接鼻に入れて鼻血を止血する.
観賞用に栽培されるほか,葉でハエ叩きが,幹の毛で箒,棕櫚縄などが作られる.