熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

アヤメ科
Iridaceae
シャガ
Iris japonica Thunb.
シャガ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • シャガ
  • シャガ
  • シャガ
英名
putchock, fringed iris
中国名
蝴蝶花
花期
4月
生薬名
No Information
薬用部位

①全草,②根茎

成分

フラボノイド(tectorigenin, apigenin, tilianin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • シャガ 化学構造式1
  • シャガ 化学構造式2
  • シャガ 化学構造式3
産地と分布

本州から九州,および中国に分布し,山林内の斜面に群生する.

植物解説

多年草.地下茎は横に這い群生する.葉は常緑で光沢があり,扇状に広がって1方に傾き,長さ30~60 cm,幅2~3.5 cm.花は白色で淡青紫色の斑があり,径約5 cm.外花被片は倒卵形で細葉牙があり,内花被片は少し小型で斜開し凹頭,果実はできない.

薬効と用途

全草は肝炎,喉の痛みに,根茎は腹痛,歯痛,扁桃腺炎,便秘などに用いられる.
観賞用に栽培される.日本の野生は,古代中国から伝来したものと考えられている.