熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

レンプクソウ科
Adoxaceae
サンゴジュ
Viburnum odoratissimum Ker Gawl. var. awabuki (K.Koch) Zabel
サンゴジュ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • サンゴジュ
  • サンゴジュ
英名
sweet viburnum
中国名
日本珊瑚樹,旱禾樹
花期
5~6月
生薬名
沙糖木(サトウボク)
薬用部位

葉,樹皮,根

成分

葉にフラボノイド(astragalin, isoquercitrin, rutin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • サンゴジュ 化学構造式1
  • サンゴジュ 化学構造式2
  • サンゴジュ 化学構造式3
産地と分布

本州西部から沖縄,および朝鮮南部,中国長江南部に生育する.

植物解説

常緑高木.樹高10 m以上.幹は直立して伸長が早い.葉は対生し,楕円形で長さ15~20 cm,厚く革質で上面には光沢がある.花は頂生の円錐花序に付き,白い車状から筒状の花を開く.夏に果実が赤熟し美しい.

薬効と用途

清熱,鎮痛,排膿作用があり,カゼ,リウマチ,打撲の腫痛,骨折に用いる.葉は適宜外用してもよい.
熟した果実は美しく,和名の由来となった.観賞用に植栽される.また,防火樹,防風林用として植栽される.