熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キジカクシ科
Asparagaceae
コヤブラン
Liriope spicata Lour.
別名
リュウキュウヤブラン,チョウセンヤブラン
コヤブラン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コヤブラン
英名
creeping lilyturf, creeping liriope, lilyturf, monkey grass
中国名
山麦冬,麦門冬
花期
7~9月
生薬名
麦門冬(バクモンドウ)
薬用部位

根の膨大部

成分

サポニン(spicatoside A, B, zizyphus saponin II)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コヤブラン 化学構造式1
  • コヤブラン 化学構造式2
  • コヤブラン 化学構造式3
産地と分布

本州から沖縄,および台湾,中国,朝鮮,インドシナ半島に分布し,林内に生える.

植物解説

常緑多年草.ヤブランと似るが,走出枝(ランナー)を出して増えるため,群落を作る.花はヤブランよりまばらである.

薬効と用途

韓国,中国湖北省の麦門冬は本種を基原とするが,日本薬局方の基原(ジャノヒゲ)とは異なる.以下,ジャノヒゲの項目から引用.
鎮咳去痰,清熱などの作用があり,乾燥性の咳や粘り気のある痰が出る症状に良い.口渇,寝汗,便秘,煩躁,不安感,動悸などにも応用される.漢方処方では麦門冬湯,竹茹温胆湯,温経湯などに配合される.