熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

オオバコ科
Plantaginaceae
ケジギタリス
Digitalis lanata Ehrh.
別名
ワタゲジギタリス
ケジギタリス
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ケジギタリス
英名
wooly foxglove, Grecian foxglove
中国名
狭叶毛地黄
花期
5~8月
生薬名
ケジギタリス
薬用部位

成分

強心配糖体(lanatoside A-C, digoxin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ケジギタリス 化学構造式1
  • ケジギタリス 化学構造式2
  • ケジギタリス 化学構造式3
産地と分布

ヨーロッパのダニューブ地方,ギリシャに分布し,園芸用にも栽培される.

植物解説

越年草,または多年草.草丈50~100 cm.分枝しない.茎の上部および花穂には軟毛または腺質絨毛があるのが特徴.葉は多数で長披針形,無柄.花は白色または淡赤色ないし帯褐色で内部に褐色または黄色の脈があり,総状花序に付ける.

薬効と用途

ジギタリスよりもlanatoside Cが分離しやすい.Lanatoside Cをアルカリ加水分解されたものがdeslanoside,これをさらに酵素分解しグルコースを除去したものがgigoxinで,いずれも強心利尿薬として用いられる.Digoxinはdigitoxinよりも経口投与で吸収率は低いが,蓄積性も低いため臨床でよく用いられる.