熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ブナ科
Fagaceae
クリ
Castanea crenata Siebold et Zucc.
別名
シバグリ,チョウセングリ
クリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • クリ
  • クリ
  • クリ
  • クリ
英名
Korean chestnut, Korean castanea, Japanese chestnut
中国名
日本栗
花期
4~6月
生薬名
①栗毛毬(リツモウキュウ),②栗葉(リツヨウ)
薬用部位

①いが,②葉,③樹皮

成分

樹皮にタンニン(gallic acid),葉にフラボノイド(hyperin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • クリ 化学構造式1
  • クリ 化学構造式2
産地と分布

北海道西南部から九州,および朝鮮に分布し,山地に生え果樹として植栽される.

植物解説

落葉高木.樹高約17 m.幹は直立し,枝が繁る.葉は互生し,長楕円状披針形か狭長楕円形で長さ8~15 cm,鋭尖頭で波状鋸歯縁.雌雄同種.雄下垂は直立,淡黄白色の雄花を尾状花序に密生する.雌花序は尾状花序の基部につく.堅果は2~3個,とげのある総苞(いが)に包まれる.

薬効と用途

うるしかぶれに,いが,葉,樹皮の煎液を冷やして患部を洗う.やけどにも同様に用いる.
果樹として栽培され,日本での歴史は古い.野生品はシバグリとよばれ,果実は小さい.