熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キョウチクトウ科
Apocynaceae
キョウチクトウ
Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. et Greenwell
キョウチクトウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • キョウチクトウ
英名
Indian oleander, exil tree
中国名
夾竹桃
花期
6~11月
生薬名
夾竹桃(キョウチクトウ)
薬用部位

葉,樹皮

成分

葉に強心配糖体(oleandrin, adynerin),クマリン(scopoletin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • キョウチクトウ 化学構造式1
  • キョウチクトウ 化学構造式2
  • キョウチクトウ 化学構造式3
産地と分布

インド原産で,日本には江戸時代に渡来し,観賞用に庭園に植栽される.

植物解説

常緑低木.樹高3 m.若枝はやや太く,緑色で微毛がある.葉は通常3輪生し,厚い皮質の線状披針形で長さ15~27 cm,鋭頭で全縁無毛.

薬効と用途

強心作用が知られているが,非常に強力であるため有毒植物として認識されている.かつて,枝を箸の替わりに利用して死亡した例もあるほどである.毒性は葉が最も強い.打撲の腫れ,痛みに煎液で患部を洗う.
白や赤をはじめ,花色に変化があり美しいため,各地で植栽される.乾燥や大気汚染にも強く,高速道路をはじめとする道路沿いなどによく植えられる.