熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ナス科
Solanaceae
キダチトウガラシ
Capsicum frutescens L.
別名
シマトウガラシ
キダチトウガラシ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • キダチトウガラシ
英名
Tabasco pepper, Cayenne pepper
中国名
小米辣
花期
7~11月
生薬名
唐辛子(トウガラシ),辣椒(ラッショウ),蕃椒(バンショウ)
薬用部位

果実

成分

辛味物質(capsaicine),カロチノイド(cryptoxanthin, β-carotene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • キダチトウガラシ 化学構造式1
  • キダチトウガラシ 化学構造式2
  • キダチトウガラシ 化学構造式3
産地と分布

南米の原産で,広く各地で栽培されている.日本では主に南西諸島や小笠原諸島で栽培される.

植物解説

温帯栽培では一年草だが,熱帯では低木状になり,1.5 m以上に達する.トウガラシに似るが,葉は幅広く光沢があり,花は黄緑色で,果実は小さい.

薬効と用途

食欲増進,消化促進,唾液分泌促進作用があり,粉末を服用する.また,皮膚刺激作用もあり,腰痛,筋肉痛,肩こり,リュウマチ,関節痛,神経痛にトウガラシチンキを塗る.トウガラシチンキは,刻んだトウガラシを4倍量のホワイトリカーに漬けて20~30日,冷暗所に置いたのち,布でこすとできる.
沖縄では島唐辛子の名で特産品として栽培される.また,タバスコの原料として知られる.