熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

モクレン科
Magnoliaceae
カラタネオガタマ
Magnolia figo (Lour.) DC.
別名
トウオガタマ
カラタネオガタマ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • カラタネオガタマ
  • カラタネオガタマ
英名
banana shrub, port wine magnolia
中国名
含笑
花期
4~5月
生薬名
含笑(ガンショウ)
薬用部位

成分

モノテルペン(linalool, camphene,α-terpineol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • カラタネオガタマ 化学構造式1
  • カラタネオガタマ 化学構造式2
  • カラタネオガタマ 化学構造式3
産地と分布

中国南部原産で,観賞用に栽培される.

植物解説

常緑低木~小高木.樹高3~4 m,幹は単幹か株立ち状.枝は密生する.葉は互生し,葉身は長楕円形で鈍頭,長さ4.5~8 cm,幅2~2.5 cm,縁は全縁でやや波状縁.花は2年枝に単生,淡黄色の径約2.5~3 cm,強い芳香がある.果実は赤熟する.

薬効と用途

消化不良,腹部膨満,鼻炎などに用いる.中国で薬用にされる.
花にはバナナに似た強い芳香があり,庭園,公園,学校などに植栽される.