熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
オトコヨモギ
Artemisia japonica Thunb.
オトコヨモギ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オトコヨモギ
  • オトコヨモギ
英名
No Information
中国名
牡蒿
花期
9~10月
生薬名
①青蒿(セイコウ),②茵蔯蒿(インチンコウ)
薬用部位

①全草,②花穂

成分

精油(copaene, β-humulene, cadinene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オトコヨモギ 化学構造式1
  • オトコヨモギ 化学構造式2
  • オトコヨモギ 化学構造式3
産地と分布

北海道から沖縄,および東アジアの温帯から熱帯にかけて分布し,日当たりの良い山野に生える.

植物解説

多年草.全体無毛,草丈50~100 cm,上方で分枝する.葉は狭倒卵形,上葉は小形で線形,変化が多い.円錐状に多数の淡黄色の小形の頭状花を付ける.

薬効と用途

全草は,カゼによる発熱,咳,マラリア,口内炎,できもの,湿疹,黄疸などに服用,外用する.花穂はカワラヨモギ(A. capillaris)の代用である(生薬「茵蔯蒿」の代用).茵蔯蒿は利胆,消炎作用があり,黄疸,湿疹,蕁麻疹,口内炎,肝炎の予防,各種の胆道疾患,胆嚢炎などに用いる.古くより黄疸の特効薬とされる.