熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

サトイモ科
Araceae
オオハンゲ
Pinellia tripartita (Blume) Schott
オオハンゲ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオハンゲ
  • オオハンゲ
英名
green dragon
中国名
三裂葉半夏
花期
4~7月
生薬名
大玉半夏(ダイギョクハンゲ)
薬用部位

球茎

成分

No Information

産地と分布

本州中部以西から奄美大島の暖帯に分布し,石灰岩地に多い.

植物解説

多年草.地下に球茎があり,その上部から根を出す.葉は1~4枚,球茎の頂端から出て葉身は3深裂する.根際から花茎を立て,頂に鮮緑色の仏炎苞に包まれた肉穂花序を付ける.花軸の下部は仏炎苞と合着しており,片側に雌花群を付ける.その上に雄花群を付けた花茎はむち状に伸長して直立する.

薬効と用途

カラスビシャク(P. ternata)の代用として健胃,止嘔薬として用いられることがある.
山野草として栽培されることもある.