熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

トウダイグサ科
Euphoriaceae
オオアブラギリ
Vernicia fordii (Hemsl.) Airy Shaw
別名
シナアブラギリ
オオアブラギリ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオアブラギリ
英名
China tung-oil tree, China wood-oil tree
中国名
油桐
花期
4月
生薬名
①油桐根(ユトウコン),②油桐子(ユトウシ)
薬用部位

①根,②種子

成分

根にシリング酸誘導体(aleuritin),リグナン(yangambin)、ステロイドサポニン(daucosterin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオアブラギリ 化学構造式1
  • オオアブラギリ 化学構造式2
  • オオアブラギリ 化学構造式3
産地と分布

中国原産.西日本の暖地に野生化する.

植物解説

落葉小高木.樹高10~15 m.樹皮は灰褐色で皮目が多い.葉は互生,全縁で葉柄上部に柄のない蜜腺が1対ある.枝の先端に円錐花序を付け,雄花序と雌花序と,まれに雄花序の中に雌花を付けることがある.果実は球形の堅果.

薬効と用途

根は消化促進,殺虫作用があり,消化不良,回虫症などのほか,喘息にも用いる.種子は解毒作用があり,疥癬,頸腺結核などのほか,やけど,大小便不利,咳などに用いる.いずれも煎液を服用するか,つき潰して患部に塗布する.中国で薬用とされるが,有毒植物であるため利用は望ましくない.
種子からは良質の乾性油が採れ,印刷用,油絵具,ニスなどに利用される.