熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マメ科
Fabaceae
エンジュ
Styphonolobium japonicum (L.) Schott
エンジュ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • エンジュ
  • エンジュ
英名
Japanese pagoda tree
中国名
花期
7月
生薬名
①槐花(カイカ),②槐葉(カイヨウ)
薬用部位

①蕾,②葉

成分

フラボノイド(rutin, quercetin, kaempferol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • エンジュ 化学構造式1
  • エンジュ 化学構造式2
  • エンジュ 化学構造式3
産地と分布

中国原産.

植物解説

落葉高木.樹高15~25 m.幹は直立して分枝する.葉は奇数羽状複葉,小葉は9~15個で卵形か狭卵形,長さ2.5~4 cm,やや鋭尖頭.枝先の円錐花序に黄白色の蝶形花を多数つける.豆果は長さ5~8 cm,数珠状.

薬効と用途

花は伝統的には止血薬として鼻血,痔,血便,血尿,性器出血などに用いる.高血圧,動脈硬化,脳卒中の予防にもよい.民間では歯肉炎の出血に炒った花を塗布する.痔の出血やかゆみには花や葉を粉末にして塗布するか煎液で洗う.
古くから街路樹,庭園樹などとして植栽されるほか,蜜源植物として重要である.若葉はゆでて食用となる.