熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミソハギ科
Lythraceae
エゾミソハギ
Lythrum salicaria L.
エゾミソハギ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • エゾミソハギ
  • エゾミソハギ
英名
purple loosestrife
中国名
千屈菜
花期
8~9月
生薬名
千屈菜(せんくつさい)
薬用部位

全草

成分

クマリン類(peucedanin, buntansin, umbelliferone 6-carboxylic acid)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • エゾミソハギ 化学構造式1
  • エゾミソハギ 化学構造式2
  • エゾミソハギ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,およびシベリア,中国,インド,中央アジアからヨーロッパ,北アフリカに分布し,北米にも帰化し,湿った場所に多い.

植物解説

多年草.草丈1 m以上に達する.全株青緑色をし,ミソハギよりも大形で茎に毛が生えているものが多い.根茎は地下を横走し,茎は4稜あり直立,多くは分枝する.葉に葉柄は無く長披針形で対生する.葉腋に1 cmほどの紅紫色の花を集散状花序に付ける.

薬効と用途

止瀉,解熱,止血などの作用があり,下痢,赤痢,子宮出血などのほか,腸炎,膀胱炎,浮腫などに用いられる.皮膚の潰瘍には葉をすりつぶして外用する.
熊本県では盆花として用いられる.