熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

イチョウ科
Ginkgoaceae
イチョウ
Ginkgo biloba L.
別名
ギンナン
イチョウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • イチョウ
  • イチョウ
  • イチョウ
  • イチョウ
英名
ginkgo, gingko
中国名
銀杏
花期
4月
生薬名
①白果(ハクカ)
薬用部位

①種子、②葉

成分

種子にフェノール性脂質(ginkgolic acid, bilobol),葉にフラボノイド(isorhamnetin, ginkgetin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • イチョウ 化学構造式1
  • イチョウ 化学構造式2
  • イチョウ 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,日本全土に広く植栽されている.

植物解説

落葉高木.樹高30~40 m.幹は直立し,樹皮は灰色で縦裂し老木では幹枝から気根を垂れる.葉は長柄では互生し,短枝では束生する.葉身は扁形で中央が切れ込む.雌雄異株.花は新葉と共に出て,雄花は淡黄色,雌花は緑色.果実は秋に成熟し食用となる.

薬効と用途

種子を煮たものを汁とともに,または焼いたものを食して鎮咳去痰薬になる.食用とされるが,微量の生産配糖体を含むため多食,生食には注意する.夜尿症には就寝前に年の数だけ食べる.
葉のエキスはヨーロッパを中心に抹消血流障害の治療薬として広く用いられている.