熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

メギ科
Berberidaceae
ホソバヒイラギナンテン
Berberis fortunei Lindl.
ホソバヒイラギナンテン
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ホソバヒイラギナンテン
英名
Chinese mahonia, fortune’s mahonia, holly grape
中国名
十大功労
花期
9~10月
生薬名
十大功労葉(ジュウダイコウロウヨウ)
薬用部位

成分

アルカロイド(jatrorrhizine, berberine, palmatine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ホソバヒイラギナンテン 化学構造式1
  • ホソバヒイラギナンテン 化学構造式2
  • ホソバヒイラギナンテン 化学構造式3
産地と分布

中国大陸原産で,日本では観賞用として植栽される.

植物解説

常緑低木.茎は叢生し高さ1~2 m.葉は互生し,奇数羽状複葉で小葉は2~4対付き革質で先端が針状となる低い鋸歯があり,鋭くとがる.茎の先端間から細長い総状花序を数個出し,垂れ下がる.花は黄色で花弁基部に2個の蜜腺がある.果実は藍黒色の液果.

薬効と用途

清熱,鎮咳作用があり,発熱,咳や痰に用いるほか,めまい,耳鳴り,下痢,目の充血などにも用いる.ヒイラギナンテンと同じ薬効である.