熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヒガンバナ科
Amaryllidaceae
ニンニク
Allium sativum L.
ニンニク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ニンニク
英名
garlic
中国名
花期
5~6月
生薬名
大蒜(タイサン),葫(コ)
薬用部位

鱗茎

成分

含硫化合物(alliin, diallyl disulfide, allithiamine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ニンニク 化学構造式1
  • ニンニク 化学構造式2
  • ニンニク 化学構造式3
産地と分布

西アジアから地中海沿岸の原産といわれ,日本には古い時代に中国から渡来し,各地で栽培されている.

植物解説

多年草.草丈60~70 cm.鱗茎は5~6個の小鱗茎からなり,淡褐色の乾皮質の鱗状茎をかぶる.茎は直立する.葉は扁平な広線形で2~3個互生し,ときに葉腋にむかごを出す.茎の先に白紫色花を散形花序に付ける.

薬効と用途

疲労回復,食欲増進,健胃,緩下(緩やかな下剤),血液の循環促進作用があり,疲労,虚弱,胃弱,便秘,カゼ,寄生虫症などに生や煮焼したものを食する.就寝前に焼酎漬けを少量飲用してもよい.冷え症にも効果がある.扁桃腺炎や円形脱毛症,腫れ物,いんきんたむしなどにすり潰した汁を塗布する.
鱗茎や若い茎葉は食用とする.