熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

シソ科
Lamiaceae
ニンジンボク
Vitex negundo L. var. cannabifolia (Siebold et Zucc.) Hand.-Mazz.
ニンジンボク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ニンジンボク
  • ニンジンボク
英名
Chinese chastetree, five-leaved chastetree, horseshoe vitex
中国名
牡荊
花期
5~10月
生薬名
①牡荊実(ボケイジツ),②牡荊根(ボケイコン),③牡荊瀝(ボケイレキ),④牡荊茎(ボケイケイ),⑤牡荊葉(ボケイヨウ)
薬用部位

①果実,②根,③茎の汁,④茎,⑤葉

成分

地上部にフラボノイド(penduletin),フェノール誘導体(isovanillic acid),ラクトン(vitexilactone B)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ニンジンボク 化学構造式1
  • ニンジンボク 化学構造式2
  • ニンジンボク 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,庭木として植えられる.

植物解説

落葉低木.樹高約3 m.葉は対生,掌状複葉で,アサの葉に似る.小葉は3~5枚,広披針形で粗い鋸歯がある.円錐形の花穂に淡紫色の小さな唇形花を階段状に付ける.石果は径約5 mmの倒卵形で黒熟する.

薬効と用途

果実はカゼに効果があり,咳や喘息,腹痛に用いる.根には発汗作用があり,また抗マラリア薬としても用いる.茎の汁は小児のひきつけ,下痢,たむし,痰などに用いる.茎は火傷や焼けただれた傷に用いる.葉は寝違え,脚気の腫れなどに用いる.
葉の形がオタネニンジン(薬用人参)に似ることからその名がある.