熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ヤマノイモ科
Dioscoreaceae
ニガカシュウ
Dioscorea bulbifera L.
別名
マルバドコロ
ニガカシュウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ニガカシュウ
英名
air potato
中国名
黃獨,山芋
花期
8~10月
生薬名
黄薬子(オウヤクシ)
薬用部位

塊根

成分

ジテルペン(diosbulbin A-D)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ニガカシュウ 化学構造式1
  • ニガカシュウ 化学構造式2
  • ニガカシュウ 化学構造式3
産地と分布

本州関東地方南部以西,四国,九州,および朝鮮,中国,台湾,マレーシア,インドの暖帯から亜熱帯に分布し,山裾,河岸などに生える.

植物解説

つる性多年草.塊茎は大形で扁球形,茎は長く分枝する.葉は互生し,扁心形か三角状で急鋭尖頭,長さ4~13 cm.全縁,葉腋にムカゴが付く.雌雄異株で雄花穂は葉腋に1~3個付き,紫色花をやや密に多数付ける.

薬効と用途

止血,解毒作用があり,鼻血,吐血,喀血,咽喉痛,皮膚化膿症などに用いる.出血や腫れ物につき潰したものや粉末を患部に塗布してもよい.
塊根は食用にもなるが,苦味が強いため灰でよく煮て水にさらし,十分にアクを抜く.苦味が少ない栽培品種にカシュウイモがある.