熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マンサク科
Hamamelidaceae
トキワマンサク
Loropetalum chinense (R.Br.) Oliv.
トキワマンサク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • トキワマンサク
  • トキワマンサク
  • トキワマンサク
英名
Chinese fringe flower
中国名
繼木
花期
4月
生薬名
No Information
薬用部位

①花,②葉

成分

配糖体(ampelopsisionoside, salidroside, alanginoside A)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • トキワマンサク 化学構造式1
  • トキワマンサク 化学構造式2
  • トキワマンサク 化学構造式3
産地と分布

本州と九州のごく一部,および中国南部,インド東北部に自生する.

植物解説

常緑小高木.多数分枝する.葉はややいびつな楕円形~卵状長楕円形で,長さ1.5~4 cm,幅1~2.5 cm,鈍頭またはやや鋭頭,ほぼ全縁で縁はわずかに裏に巻き込み,両面ともに星状毛を散生する.花は今年伸びた枝の先に6~8個が集まり,花弁は白色.

薬効と用途

花は鎮咳,止血作用があり,咳,鼻血,血便に用いるが,その都度温めて服用する.葉は止瀉(下痢止め)作用がある.
花木として庭園に植栽される.日本での分布は非常に限られており,静岡県,三重県,熊本県のみに知られる.熊本県では県の条例で「指定希少野生動植物」になっている.