熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
テリハノイバラ
Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crep.
別名
ハイイバラ
テリハノイバラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
英名
memorial rose, Wichura’s rose
中国名
光葉薔薇
花期
5~7月
生薬名
営実(エイジツ)
薬用部位

偽果(果実に見える部分)

成分

No Information

産地と分布

本州から沖縄,および中国,朝鮮に分布し,山野や海岸近くに生える.

植物解説

落葉低木.枝は地を匍匐し,分枝しトゲがある.葉は互生で2~4対の小葉を付けた奇数羽状複葉,両面とも毛がなく,上面は光っている.花は枝の先に数個付き,白色の5弁花を水平に開く.偽果は卵状球形,長さ15 mmで,赤く熟し表面はなめらか.

薬効と用途

偽果はノイバラと同様に薬用にでき,峻下(強い下剤作用),利尿作用があり,便秘や浮腫の改善に用いる.煎液の外用で腫れ物や挫創の改善作用がある.日本薬局方では,生薬営実の基原植物はノイバラ(R. multiflora)だけである.