熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キンポウゲ科
Ranunculaceae
センニンソウ
Clematis terniflora DC.
別名
ウマノハオトシ,ウシクワズ,ハコボレ
センニンソウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • センニンソウ
  • センニンソウ
  • センニンソウ
英名
sweet autumn clematis
中国名
圓錐鐵線蓮 ,黃藥子
花期
5~10月(年によってずれる)
生薬名
①鉄脚威霊仙(テッキャクイレイセン)
薬用部位

①根,②葉

成分

刺激物質(protoanemonin),サポニン(clematernoside類)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • センニンソウ 化学構造式1
  • センニンソウ 化学構造式2
  • センニンソウ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,台湾,中国中部に分布し,陽地に生える.

植物解説

つる性多年草.茎は木質で長く伸び径7 mmほど.葉は対生で有柄,羽状複葉,小葉は3~7枚で長卵形.円錐花序に白色の花を多数付ける.痩果は卵形で多数なる.

薬効と用途

根はかつて生薬の威霊仙の代用にされた.
扁桃腺には,生の葉1~2枚をよくすり潰し,片方の手首の内側に貼り,ガーゼをあてて包帯で軽く押さえる.約5分ほどで痛みを生じ,そのころから扁桃腺炎の痛みが取れてくる.葉を取り除いて発疱した部分をぬるま湯で軽く洗う.毒草なので5分以上放置すると火ぶくれの痕が直りにくく,皮膚炎を起こしてしまう.また,便槽のウジ退治にも用いられた.
毒性の少ない若葉を酢に漬けて保存食の一つにされたこともある.