熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マツブサ科
Schisandraceae
シキミ
Illicium anisatum L.
別名
ハナノキ,コウノキ,ハカバナ
シキミ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • シキミ
  • シキミ
  • シキミ
  • シキミ
英名
Japanese star anise, aniseed tree, sacred anise tree
中国名
日本莽草
花期
3~4月
生薬名
No Information
薬用部位

袋果

成分

セスキテルペン(anisatin),フェニルプロパノイド(safrole),モノテルペン(cineol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • シキミ 化学構造式1
  • シキミ 化学構造式2
  • シキミ 化学構造式3
産地と分布

本州関東地方以西,四国,九州,沖縄,および済州島,台湾,中国に分布し,暖帯の山林に生え,墓地などに植えられる.

植物解説

常緑小高木.樹高3~5 m.幹は直立し,やや車輪上に分枝する.葉は互生して繁り,長楕円形か広卵状倒披針形で長さ8 cm内外.鋭尖頭で全縁.小枝の葉腋に淡紅白色の両性花を付ける.袋果は数個星状に並び径2~2.5 cm.

薬効と用途

牛馬の皮膚寄生虫駆除に煎液を塗布する.
成分のアニサチン,シキミニン,イリシンは有毒で,誤食すると嘔吐,下痢,呼吸障害,循環器障害などの中毒症状を起こし,血圧上昇,昏睡状態を経て死に至ることもある.果実の形態が香辛料の八角(大茴香,スターアニス)と似ており,集団中毒が発生したことがある.
和名は,植物体が有毒なので悪しき実の意味という説がある.ハナノキという別名は墓前や仏前に供えるからだといわれている.