熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ミソハギ科
Lythraceae
ザクロ
Punica granatum L.
ザクロ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ザクロ
英名
punic
中国名
石榴
花期
5~6月
生薬名
①石榴皮(セキリュウヒ),②石榴根皮(セキリュウコンピ)
薬用部位

①果皮,②根皮

成分

根皮にアルカロイド(pelletierine, pseudopelletierine),タンニン(granatin A)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ザクロ 化学構造式1
  • ザクロ 化学構造式2
  • ザクロ 化学構造式3
産地と分布

小アジア原産.日本では主に庭園樹として植栽される.

植物解説

落葉高木.樹高10 m以上.幹は平滑で屈曲し多数分枝する.葉は対生し長楕円形か倒長卵形,長さ約4 cm,全縁.枝先に赤色花を数個付ける.液果は球形で果皮が厚く革質,黄色か赤色.種子は淡紅色,外種子は透明で多汁,酸味がある.

薬効と用途

果皮,根皮ともに駆虫作用があり,細菌性,アメーバ性腸炎の下痢,条虫や回虫の虫下しに用いる.果皮には止血作用があり,性器出血や脱肛に用いる.ただしいずれも毒性がありめまいや震えなどの副作用が起こるため,最近は使用しない.口内炎や虫歯などには果皮の煎液でうがいする.
種子の周囲(種衣)は食用とされる.古代ヨーロッパでは豊穣の,中国では子孫繁栄の象徴と考えられた.観賞用にも植栽される.