熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

セリ科
Apiaceae
コエンドロ
Coriandrum sativum L.
別名
コリアンダー,パクチー
コエンドロ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コエンドロ
  • コエンドロ
  • コエンドロ
英名
coriander
中国名
芫荽,胡荽,香荽,香菜
花期
4~6月
生薬名
胡荽子(コズイシ)
薬用部位

果実

成分

精油(d-linalool, thymol, cymene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コエンドロ 化学構造式1
  • コエンドロ 化学構造式2
  • コエンドロ 化学構造式3
産地と分布

ヨーロッパ東部,地中海東部沿岸原産で,アジア,アメリカに帰化,日本でも栽培される.

植物解説

一年草.草丈30~60 cm.茎は直立し,まばらに分枝.葉は薄く,互生する.下部の葉は2回羽状複葉,上部の葉は3回羽状複葉で細い.枝先に複散形花序を付け白色の小形の花を開く.果実は球形で,未熟の果実と全草はカメムシのようなにおいを持つが,成熟した果実は芳香がある.

薬効と用途

胃液分泌,胆汁分泌促進,健胃,止瀉(下痢止め),駆風(胃腸内に溜まったガスの排出促進)作用がある.
果実は香辛料としてスープ,カレー粉,ソーセージなどの原料になる.
生の葉はパクチー,コリアンダーの名で肉料理やピクルスなどの料理で生食するほか,香味料として魚料理に添える.