熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ツヅラフジ科
Menispermaceae
コウモリカズラ
Menispermum dauricum DC.
コウモリカズラ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • コウモリカズラ
英名
No Information
中国名
蝙蝠葛
花期
4~5月
生薬名
①蝙蝠葛(ヘンプクカツ),②蝙蝠葛根(ヘンプクカツコン)
薬用部位

①茎,②根

成分

アルカロイド(dauricine, tetrandrine, menisperine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • コウモリカズラ 化学構造式1
  • コウモリカズラ 化学構造式2
  • コウモリカズラ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および朝鮮,中国,シベリア東部などに分布する.

植物解説

蔓性多年草.他物に巻き付き長く伸び無毛で平滑.根茎は長く太く,黄褐色.葉は互生,幅5~12 cm.雌雄異株.花は脇生,小さく直径3~4 mm,黄緑色.柱頭の先は二つに分かれる.果実は黒く熟す.

薬効と用途

茎は腰痛,腫れ物などに,根は咽頭炎,リウマチの痛み,水腫,胃痛などに用いる.
葉の形がコウモリに似ていることから命名された.