熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

クスノキ科
auraceae
ゲッケイジュ
Laurus nobilis L.
別名
ローレル
ゲッケイジュ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ゲッケイジュ
  • ゲッケイジュ
  • ゲッケイジュ
英名
bay laurel, sweet bay, bay tree, true laurel
中国名
月桂
花期
3~4月
生薬名
①月桂葉(ゲッケイヨウ),ローレル,ベイリーフ,②月桂実(ゲッケイジツ)
薬用部位

①葉,②果実

成分

① に精油(linalool, eugenol, geraniol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ゲッケイジュ 化学構造式1
産地と分布

南ヨーロッパ原産.庭園でよく栽培される.

植物解説

常緑高木.樹皮は黒褐色.葉は互生し,革質,長楕円形,全縁またはやや波形,砕くと芳香がある.葉柄は長さ約1 cmで紫色.散形花序を腋生し,雌雄異株.花は小さく黄色.液果は楕円形,暗紫色.

薬効と用途

葉,果実ともに芳香性苦味健胃,駆風,去痰,利尿作用があるほか,フグの解毒作用もある.神経痛やリウマチにはエキスや煎液を外用する.不眠症には浴湯料としたり,ポプリを利用したりする.
葉には芳香と苦味があり,魚や肉の煮込み料理に用いられる.古代ギリシアでは葉の冠である月桂冠を勝利の象徴としてオリンピックの勝者の頭に飾られ,現代のオリンピックに受け継がれている.