熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
カミツレ
Matricaria chamomilla L.
別名
カモミール,ジャーマンカモミール,カモマイル,カミルレ,カミッレ
カミツレ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • カミツレ
  • カミツレ
英名
German chamomile, wild chamomile
中国名
母菊
花期
3~5月
生薬名
①カミツレ
薬用部位

①頭花,②茎葉

成分

精油(chamazulene, matricin, bisabolol)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • カミツレ 化学構造式1
  • カミツレ 化学構造式2
  • カミツレ 化学構造式3
産地と分布

ヨーロッパ原産.薬用として世界の暖温帯各地で栽培される.

植物解説

二年草.草丈30~60 cm.芳香がある.茎は直立し,多数分枝する.葉は互生し,2~3回羽状複葉,裂片は短い狭線形.茎上端の散房花序に頭状花を付ける.舌状花は白色,管状花は黄色.そう果は細小.

薬効と用途

紀元前2千年のバビロニアでも薬として使用され,現在でもヨーロッパの代表的な民間薬の一つ.頭花に熱湯を注いだものを頭痛やカゼ,胃弱,リウマチ,腰痛,不眠症,小児ぜんそく,下痢などに用いる.消炎作用もあるため,口内炎,咽喉痛,歯痛に煎液でうがいする.神経痛,リウマチ,痔,冷え症などには頭花や茎葉を浴湯料とする.その他,香料としてリキュールやシャンプー,香水などにも利用されている.