熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ブドウ科
Vitaceae
カガミグサ
Ampelopsis japonica (Thunb.) Makino
別名
ビャクレン
カガミグサ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • カガミグサ
  • カガミグサ
  • カガミグサ
英名
Japanese peppervine
中国名
白蘞 ,鵝抱蛋,貓兒卵
花期
5~6月
生薬名
白蘞(ビャクレン)
薬用部位

成分

リグナン(schizandriside, resveratrol),タンニン((+)-catechin

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • カガミグサ 化学構造式1
  • カガミグサ 化学構造式2
  • カガミグサ 化学構造式3
産地と分布

中国原産で,日本には享保年間に渡来した.

植物解説

落葉蔓性木本.根は塊状に肥厚し,紡錘形になり数個束生する.葉は互生し,掌状に3~5全裂して長さ約10 cm,裂片は楔形で通常粗鋸歯縁.葉と対生する巻きひげがあり,他の物に絡みつく.淡黄色の小型の両性花を多数,葉と対生する集散花序に付ける.

薬効と用途

解熱,解毒,鎮痛,消炎作用があり,発熱,各種のできもの,打撲傷,熱湯による火傷などに服用するか,粉末を水で練って患部に塗布する.
江戸時代は花屋に出回るほど栽培が普及していた.