熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
オオカナメモチ
Photinia serratifolia (Desf.) Kalkman
別名
ナガバカナメモチ,タロコビワ
オオカナメモチ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
英名
Taiwanese photinia, Chinese photinia
中国名
石楠
花期
4月
生薬名
石楠(セキナン)
薬用部位

成分

セスキテルペン(10-epi-γ-eudesmol),モノテルペン(pinene, sabinene)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオカナメモチ 化学構造式1
  • オオカナメモチ 化学構造式2
  • オオカナメモチ 化学構造式3
産地と分布

岡山県,愛媛県宇和島,奄美諸島,西表島,および台湾,中国南部,インドネシアに分布する.

植物解説

常緑高木.樹高4~6 m.葉は革質で長楕円形,または長倒卵形か卵状楕円形,縁には基部を除いて鋭い細鋸歯があり,幼時中肋上に軟毛があるがのち両面無毛になる.枝先に多数の白色花を散房花序に付ける.果実はほぼ球形で紅紫色に熟する.
日本で「石楠」,「石楠花」と書けばツツジ科のシャクナゲのことを言うが,本来はオオカナメモチのことを指す.

薬効と用途

鎮痛作用があり,神経性疼痛,足腰の無力感,リウマチ痛などに用いる.
樹形や花が美しく,公園や庭園に植栽される.花は独特の臭気を持つ.