熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キク科
Asteraceae
オオアザミ
Silybum marianum (L.) Gaertn.
別名
マリアアザミ
オオアザミ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • オオアザミ
英名
blessed milk thistle, Marian thistle
中国名
水飛薊
花期
4~5月
生薬名
大薊実(オオアザミジツ)
薬用部位

果実

成分

リグナン(silybin, silydianin, silychristin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • オオアザミ 化学構造式1
  • オオアザミ 化学構造式2
  • オオアザミ 化学構造式3
産地と分布

南ヨーロッパ,北アフリカ,アジアに広く生える.

植物解説

二年草.草丈2 m.葉は大きく,長楕円状披針形,強波状縁.さらに葉面には乳白色の美しい斑点が現れる.頭花は疎枝先端に頂生し,径12 cmで淡紅紫色.痩果は長さ6~8 mm,幅3 mm程度で黄灰色.

薬効と用途

欧州で古くから肝臓や脾臓の治療薬として知られ,近年では肝臓を守るサプリメントとしてアルコールを多く摂取する人を中心に人気が高まっている.若い葉はサラダにして食される.