熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

キョウチクトウ科
Apocynaceae
インドジャボク
Rauvolfia serpentina (L.) Benth. ex Kurz
インドジャボク
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • インドジャボク
  • インドジャボク
英名
snake wood, devil pepper
中国名
蛇根木
花期
5~10月
生薬名
ラウオルフィア根(ラウオルフィアコン)
薬用部位

成分

アルカロイド(reserpine, ajmaline, rescinnamine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • インドジャボク 化学構造式1
  • インドジャボク 化学構造式2
  • インドジャボク 化学構造式3
産地と分布

インド,ミャンマー,マレー半島,インドネシア,スリランカ,パキスタンなどに分布し,陰湿な森林内に生える.

植物解説

常緑小低木.樹高は0.5~1 m.根は肥厚して直下し,縦じわがあり淡黄褐色.葉は対生か3~5輪生し,披針形で長さ10~15 cm,短柄があり波状縁で光沢がある.葉腋に淡紅色で内面が白色の小筒花を集散花序に付ける.

薬効と用途

南アジアでは古くからの民間薬であり,蛇の咬み傷,精神病,高血圧,不眠症,高熱,老化などに用いる.含有成分のレセルピンには著しい中枢性鎮静作用,血圧降下作用があるが,副作用があるため,民間での使用は危険である.