熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

マキ科
Podocarpaceae
イヌマキ
Podocarpus macrophyllus (Thunb.) Sweet f. spontaneous H.Ohba et S.Akiyama
別名
マキ,クサマキ
イヌマキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • イヌマキ
  • イヌマキ
  • イヌマキ
英名
yew plum pine, Buddhist pine, fern pine
中国名
羅漢松,大葉羅漢松
花期
5月
生薬名
①羅漢松実(ラカンショウジツ)
薬用部位

①種子と花托,②果実

成分

種子にラクトン類(inumakilactone A-C, nagilactone C,F)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • イヌマキ 化学構造式1
  • イヌマキ 化学構造式2
  • イヌマキ 化学構造式3
産地と分布

本州中南部,四国,九州,沖縄の暖地の山林に生える.

植物解説

栽培もされる常緑高木.樹高20 m.幹は直立し,枝はやや太く広がり,老木ではしばしば下垂する.葉は互生し,広線形か披針形で長さ10~18 cm,鋭頭で全縁.雌雄異株で,雄花は束状に付き黄白色.球果は前年枝の葉腋に単生する.

薬効と用途

種子と花托は胃痛に用いる.果実は駆瘀血(体の血の滞りを取る)作用があり,胃の重苦しさ,全身のだるさ,頭痛,顔色の悪さなどに果実酒を用いる.
庭木として植栽されるほか,材に樹脂を多く含むため耐水性に富み,桶類の材料をはじめ天井板,碁盤,漁網の浮きなどに用いられる.