熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

バラ科
Rosaceae
ボケ
Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai
ボケ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ボケ
  • ボケ
  • ボケ
英名
flowering quince, Chinese quince, Japanese quince
中国名
貼梗海棠,貼梗木瓜,皺川木瓜
花期
3~4月
生薬名
木瓜(モッカ)
薬用部位

果実

成分

有機酸(malic acid, citric acid),タンニン((-)-epicatechin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ボケ 化学構造式1
  • ボケ 化学構造式2
  • ボケ 化学構造式3
産地と分布

中国原産.

植物解説

落葉低木.樹高2 m内外.幹は束生し,若枝に褐色の短毛があり,小枝はトゲになる.葉は楕円形か長楕円形,鋭頭,基部はくさび形,ふちにかすかな鋸歯がある.托葉は卵形あるいは披針形で早落性.花期は3~4月.葉よりも先に前年の枝に,紅花,白花,紅白花を開く.雌性花と雄性花がある.果実は楕円形で10月黄熟し芳香がある.和名は,木瓜(モッカ)が転化したもの.

薬効と用途

強壮,鎮痛鎮痙,利水作用があり,むくみ,関節痛,下肢の筋肉痛などに用いる.焼酎漬けは疲労,不眠,冷え症,暑気あたりによる筋肉痙攣などに良い.漢方処方では鶏鳴散加茯苓などに配合される.風呂に入れると不眠症,低血圧,冷え症,暑気あたりの筋肉痙攣などによい.日本では古くから庭木として観賞用に広く栽培され,品種が多い.