熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ツバキ科
Theaceae
チャノキ
Camellia sinensis (L.) Kuntze
別名
チャ,コバノチャ,トウチャ
チャノキ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • チャノキ
  • チャノキ
  • チャノキ
  • チャノキ
英名
tea plant, tea shrub, tea tree
中国名
花期
10~11月
生薬名
茶葉(チャヨウ)
薬用部位

成分

アルカロイド(caffeine, theophylline),フラボノイド(kaempferol),タンニン((+)-catechin, gallic acid)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • チャノキ 化学構造式1
  • チャノキ 化学構造式2
  • チャノキ 化学構造式3
産地と分布

中国原産で日本でも野生化している.

植物解説

常緑低木.枝は叢生し,茶園では剪定のため高さ1 m位になる.若枝は茶褐色.古枝は灰白色,葉は広披針形か長楕円形で先端は尖る.葉腋に白色の5弁花を下向きに開く.さく果はゆがんだ球形で,鈍く3稜があり,3室からなり,各室の中間で胞間裂開する.

薬効と用途

頭や目を明らかにする作用があり,頭痛,多眠,目のくらみなどに用いる.漢方処方では川芎茶調散,滋腎明目湯に配合される.民間で,口内炎,咽喉炎,カゼ予防にうがい薬として,煎液を火傷やおむつかぶれの湿布薬として外用する.細菌性の下痢には濃く煎じた渋茶を服用する.