熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

セリ科
Apiaceae
シシウド
Angelica pubescens Maxim.
別名
ウドタラシ,タカオキョウカツ
シシウド
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • シシウド
  • シシウド
  • シシウド
英名
pubescent angelica root
中国名
No Information
花期
8~9月
生薬名
唐独活(トウドクカツ,トウドッカツ)
薬用部位

根茎

成分

クマリン(umbelliferone, imperatorin, xanthotoxin)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • シシウド 化学構造式1
  • シシウド 化学構造式2
  • シシウド 化学構造式3
産地と分布

日本特産種で,本州,四国,九州に分布し,山地のやや湿った日当たりの良い場所に生える.

植物解説

多年草.草丈は2 m内外.茎は大きく直立し,中空の円柱形で上部で分枝する.葉は粗大で3回羽状複葉,小葉は卵形で,葉柄の基部は茎を抱く.枝先に大きい複散形花序を付け,多数の白色の小花を開く.果実は扁形で楕円形.

薬効と用途

発汗,駆風(腹のガスを排出する),鎮痛作用があり,カゼ,頭痛,歯痛,足腰の痛みやしびれ,リウマチなどに用いる.リウマチ,冷え症,神経痛には浴剤にしてもよい.漢方処方には,荊防敗毒湯,十味敗毒湯,独活葛根湯などに配合されている.漢方ではウドと同じように用いられ,独活寄生湯など一部の漢方処方に配合される.