熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

ススキノキ科
Xanthorrhoeaceae
ヤブカンゾウ
Hemerocallis fulva L. var. kwanso Regal
別名
オニカンゾウ
ヤブカンゾウ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • ヤブカンゾウ
  • ヤブカンゾウ
  • ヤブカンゾウ
英名
orange daylily, tawny daylily, tiger daylily, fulvous daylily, ditch lily
中国名
長弁萱草
花期
6~7月
生薬名
①金針菜(キンシンサイ)
薬用部位

①蕾,②根、③葉

成分

花にアミノ酸(hydroxyglutamic acid, succinic acid),根にアミノ酸(asparagine, lysine)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • ヤブカンゾウ 化学構造式1
  • ヤブカンゾウ 化学構造式2
  • ヤブカンゾウ 化学構造式3
産地と分布

北海道から九州,および中国に分布し,ノカンゾウと同じような所に生えるが,特に人家の近くに多い.中国原産で古く渡来して各地に拡がったものと考えられ,結実しない.

植物解説

多年草.ノカンゾウとともにホンカンゾウの変種とされる.葉は長さ40~90 cm.花茎は高さ50~100 cmで,ノカンゾウより大振りである.八重咲きで,雄しべは全部または一部花弁化する.果実はできない.

薬効と用途

蕾は解熱作用が,根と葉は利尿作用がある.
解熱作用がある.新芽は天ぷら,和え物,酢の物,油炒めなどで,蕾は炒め物などで食べる.