熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース

クワ科
Moraceae
マグワ
Morus alba L.
別名
カラヤマグワ,カラグワ,トウグワ,マルベリー
マグワ
写真をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。
  • マグワ
  • マグワ
  • マグワ
  • マグワ
英名
white mullberry
中国名
花期
4~5月
生薬名
①桑白皮(ソウハクヒ)【局】
薬用部位

①根皮,②葉,③果実,④枝

成分

フラボノイド(morusin, kuwanon A),トリテルペン(α-amyrin acetate)

化学構造式

画像をクリックタップすると、大きいサイズで表示されます。

  • マグワ 化学構造式1
  • マグワ 化学構造式2
  • マグワ 化学構造式3
産地と分布

中国,朝鮮の原産で,日本には古い時代に渡来し,庭園樹,街路樹,養蚕用などに各地で広く植栽される.

植物解説

落葉高木.樹高10 mに達するが,植栽されるものは毎年刈り込まれ低木となる.樹皮は黄褐色.枝は広く開出し,樹冠は丸くなる.葉は互生し,卵形から楕円形で長さ5~18 cm,円頭か短鋭頭,不整粗鋸歯縁でしばしば分裂する.雌雄異株で,新枝下部に穂状花序を下垂し,淡緑色の小花を付ける.

薬効と用途

根皮は鎮咳,解熱作用があり,気管支炎,喘息などの咳に用いる.漢方処方では五虎湯,杏蘇散,清肺湯などに配合される.民間では高血圧,肥満,糖尿病などの改善や予防によく利用される.葉にも解熱,鎮咳,糖尿病による口渇改善作用がある.果実は滋養強壮薬として焼酎漬けが知られる.枝はリウマチ,神経痛,関節炎に用いる.
主に養蚕用として栽培され,多数の品種が知られる.熊本県は養蚕が盛んで,最盛期には7万5千軒の養蚕農家があったが,現在では数件が残るのみである.それに伴い,クワ畑も見られなくなった.