• 生体機能と創薬シンポジウム 2013
  • 熊本大学 薬学教育部
  • 次世代を担う創薬・医療薬理
    シンポジウム2013
    実行委員会事務局
  • 熊本大学 大学院 生命科学研究部 薬物活性学
    〒862-0973
    熊本市中央区大江本町5-1

    096-371-4185

ご挨拶

この度、平成25年8月31日(土)、熊本大学薬学部におきまして次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013を開催することとなりました。これまで関東で2回、関西で2回実施され、いずれも盛会裡に終わった本シンポジウムを、この九州熊本の地にて開催させて頂くことに感謝申し上げます。

本シンポジウムは、日本薬学会薬理系薬学部会が中心となって「次世代を担う薬理学研究者の育成」という理念に基づいて2009 年より毎年開催しております。学部学生や大学院生を含む若手研究者が自らの研究成果を発表し、また年齢の近い研究者との交流を深めることのできる絶好の機会でもあります。本年度も薬理学、臨床薬理学、薬物治療学、トキシコロジー及びその他関連領域の基礎から応用研究に至るまで幅広い領域の演題を募集いたします。また本年度は、発表のスタイルをすべて口頭発表とし、より活発な討論を通して参加者相互の交流の場にしたいと思います。本シンポジウムは、若い参加者が気軽にディスカッションできる雰囲気をつくるために、皆様にはノーネクタイでの参加をお願いしております。本シンポジウムが、皆様が今後研究を進めていく際のよい刺激となればと存じます。昨年と同様、優秀な発表者には「優秀発表賞」を贈り、表彰いたしますので、様々な分野からの演題登録と皆様方のご参加をお待ち申し上げております。

 それでは、 8 月 31 日に皆様と熊本にてお会いできることを楽しみにしております。

開催履歴

2009年(第1回)
実行委員長:三澤日出巳 教授(慶応大薬学部)開催地:慶応義塾大学
2009年(第2回)
実行委員長:久米利明 准教授(京都大薬学部)開催地:京都大学
2009年(第3回)
実行委員長:坂本謙司 講師(北里大薬学部)開催地:北里大学
2009年(第4回)
実行委員長:大喜多 守 准教授 (大阪薬大薬学部)開催地:神戸学院大学
2009年(第5回)
実行委員長:久恒 昭哲 (熊本大学大学院先導機構)開催地:熊本大学薬学部
ページのトップへ