研究・活動

研究・教育

1)活動内容

 科研費による過去5 年の植物インベントリー調査により、植物多様性地域から、成人病や難病に対する薬理効果が期待できる数種の有用植物を世界で初めて見出すことに成功しています。これらは、潜在的有用性と局在化した希少性の双方を兼ね備えた植物資源という意味で、レアプランツと呼ぶことができます。 本研究は、地理情報システムと植物データベースを組み合わせた研究プラットフォームLUPINESを活用し、さらに新たな活性評価・安全性評価等の体系を開発することで、レアプランツの自生地環境要素と薬理活性との関係性を解明するとともに、新規探索に向けた地理情報的な指針を得ることを目標にします。これによって、希少資源の探索・保全と潜在的有用性の開発とを原産国の利益を踏まえて推進し、機能性食品及び医薬品原料素材としての研究開発を図ることを目的としています。 これまでのLUPINES開発メンバーである渡邊高志教授(高知工科大学地域連携機構・補完薬用資源学研究室、室長兼務)、高木方隆教授(高知工科大学社会システム工学群)に加え、高知県立大学の渡邊浩幸教授(健康科学部)と高知大学の菅沼成文教授(医学部)が分担研究者として参加しています。調査対象地域は、ネパール、ミャンマー、カンボジア、タイ、台湾、ソロモン諸島と広範囲にわたりますが、いずれも植物資源の宝庫と見込まれ、渡邊らがこれまでにも調査を重ねてきた地域です{世界の伝統(伝承)医療が発展して来た地域と深い関連があります}。 平成25年度から平成29年度までの研究期間に、膨大な調査データがLUPINES上に蓄積されることになります。これを機に、LUPINESの英語による情報発信を大幅に強化し、高知が世界に向けた資源植物情報の発信基地となることを目指します。 * LUPINES=Local Useful Plants with Intelligent Networks of Exploring Surface

dento_iryo.jpg

2)植物資源戦略プロジェクトの関連事業

  1. (株)えがお・熊本大学薬学部機能性食品共同研究講座
  2. プランツ・アカデミーの開講(産未利用有用植物の活用に向けた農商工医連携基盤の構築と事業化モデル)
  3. COC地(知)の拠点形成事業 「薬草キャラバンin 熊本」の開催
  4. 食の文化観光事業 「食のキャラバン in 高知」の開催
  5. 地域植物資源コンテンツの拡充と利活用を促進する地域フィールド活動支援プラットフォームの研究開発 - 平成22、23年度 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)
  6. 「救荒植物(災害時食糧備蓄となる植物)」栽培適地評価システムと森林資源をリアルタイムに公開する地域基盤情 報システムの研究開発 - 平成24年度 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 研究開発課題提案 地域ICT振興型研究開発
  7. 成果普及ワークショップ(食のキャラバン) - 「郷土の植物再発見-食文化観光の開拓-」 平成24年度 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)成果普及
  8. 地理情報システム利用によるレアプランツのインベントリーと有用性・安全性の評価 - 平成25-29年度 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(A)
  9. 新アグロフォレストリーのための森林・有用植物資源の賦存量の評価・予測モデルの構築 - 平成26-28年度 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)

関連記事

  • 農業林業体験インターンシップ事業「アグリウォッチング」 12月20日(日)、高知県教育委員会が主催する農林業体験インターンシップ事業「アグリウォッチング」
  • 地域連携機構・渡邊高志客員教授が「高知県有用植物ガイドブック」を刊行 高知県に寄贈
  • 救荒植物の栽培適地評価システムの開発を開始 - 平成24年度総務省施策、戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)の採択課題"救荒植物(災害時食糧備蓄となる植物)栽培適地評価システムと森林資源をリアルタイムに公開する地域基盤情報システムの研究開発"(研究代表者:高木方隆教授)

3)エコフロンティアセンターの風景

栽培管理技術担当者による除草作業(地道な作業が基本となって研究を支えています)

生育環境の劣化で多くの植物が絶滅の危機に瀕しています。当園では生育域外保全として絶滅危惧植物の保全にも力を入れています。(写真は水生植物区)

漢方薬の材料となる薬用植物をはじめ、多くの薬用植物を栽培しています。
写真はミシマサイコ(セリ科)。
生薬「柴胡(サイコ)」の基原植物として重要な薬用植物です。

季節の花

  • 広報ひゅうが 今月の薬草

    薬草の解説記事を連載中

  • メディア情報

    広報・メディア情報について

  • サイエンスカフェ セミナー・イベントを開催

    一般の方のご参加も大歓迎

  • 大学院生募集

    有用植物・漢方に興味のある方