低酸素血症動物モデルにおける各種呼吸興奮薬の
中枢神経傷害性に関する検討

新生児に使用されている医薬品は治療の有効性ならびに安全性に関するエビデンスが欠如したままにされていることが多いのが現状です。 未熟児無呼吸発作治療薬として使用されているメチルキサンチン製剤もそのような医薬品のひとつです。 メチルキサンチン製剤は脳内アデノシンとの拮抗作用により呼吸中枢を刺激し無呼吸を改善すると考えられています。 しかし脳内アデノシンは低酸素による傷害に対して神経保護効果を有しているため、低酸素血症を呈した状態でメチルキサンチン製剤が投与されるとアデノシン拮抗作用により中枢神経細胞傷害を悪化させることが懸念されます(図1)。
我々は低換気により低酸素血症を引き起こした実験動物モデルを構築し、アミノフィリンを投与したところ、正常換気群と比較して顕著な海馬神経細胞傷害を誘発し、神経細胞傷害の指標である血清中脳由来クレアチンキナーゼ(CK-BB)が増加することを明らかにしました(図2)。 これにより通常の呼吸状態では見られないアミノフィリンの副作用が無呼吸発作時の低酸素血症状態で見られることをin vivoで初めて証明し、無呼吸発作時のアミノフィリン投与が患児の中枢神経を傷害している可能性を示しました。 現在、これらの結果を国際誌に投稿中です。 また、in vitroでの試験やその他の無呼吸発作治療薬の安全性評価も行っています。

〜論文〜

図1

図2

研究内容一覧へ戻る
トップへ戻る